オーケープリントHP


株式会社オーケープリント 公式HP

飲食店・美容室・物販店の集客販促の為の広告印刷物
Webと紙媒体と広告・デザインを総合提案致します。

飲食店専門チーム HP
効果的なブランディング!13〜23時迄 お伺い致します。
お悩みやご要望 お聞かせ下さい! TEL 03-6912-6677

お問い合わせ

オスカー君  池袋広告印刷

JUGEMテーマ:日記・一般



こんにちは、月曜担当のK佐野です。

役に立たない雑学好きのブログです。

「ニッチに深く」がモットーなのですが、ブログでは書ききれないので、
いつもなんとなくさわりだけです。

今回は「予言師−猫のオスカー君」のお話。
アメリカ・ロードアイランド州の病院に飼われている1匹の猫が、
「人の死を予言する」として注目を集めてるそうです。
 
「天使か?死神か?」
州都プロビデンスにあるスティアー介護・リハビリテーションセンターの3階に、
茶色と黒のぶちのある猫、オスカー君(雄2歳)が住んでいます。
2005年7月にこの施設で拾われて以来、50人もの死を「予言」してきたといいます。

彼は普段は病室を自由に行き来し、中の様子を伺っては何もせずにまた出て行きます。
しかし日によっては突然患者のベッドにあがりこみ、鼻やのどを鳴らしたり、
寄り添ってそのまま寝てしまうことがあるそうです。
するとその患者は数時間後に必ず亡くなってしまうといいます。



オスカー君ご尊顔

「オスカーが患者の横で丸くなっているのを確認すると、真っ先に医療記録の確認を行い、
司祭を呼び、家族にはその人の最期が近いことが連絡されます」

こう話すのはこの施設で働くドーザ医師。
彼は『ニュー・イングランド・ジャーナル・オブ・メディシン』でオスカーの能力について取り上げた人物。


「私達も18ヶ月ほど前から、この猫が何か特別なことを行っているのを目撃するようになりました。
ここで人が亡くなることは珍しくないので、彼が死を予言する数多くの現場を目撃しました。
彼の予言は絶対なので、多くの患者とその家族が最期の時を共に過ごすことができたのです。」

オスカー君は患者さんの亡くなる数時間前に姿を現し、寄り添うようにして最期の時を過ごす。
彼がここに来てから最期の時を一緒に過ごせなかったのはたった一例。
駆けつけた親族が猫を部屋から出すように要請したためです。

その時のオスカー君は、病室のドアを必死に引っかいては大きな声を出し、
「自分はその部屋の中にいたい!!」と主張しているようだったそうです。
ドーズ医師はオスカー君について「彼は普段から人懐っこいわけではありません。
エサをやったりすれば寄ってきますが、その程度です」と語っています。

オスカー君に見えてるもの

「動物は、人が普段感じることのできない微細な化学反応の変化に対して
非常に敏感だと考えられる。」とリンカーン大学のダニエル=ミルズ教授は言う。

「死を間近に控えた人の体内では体が最期の蘇生を試みるために新陳代謝が活発になり、
体温が上昇します。猫はこの変化を察知しているのではないでしょうか。」

人の吐息からガン細胞を嗅ぎ分ける犬がいます。この説はあながち間違ってないのかもしれません。


オスカー君の行動

患者が息を引き取った後、彼はいつも一緒に寄り添うようにしています。
また、別の医師は、
「オスカー自身が不吉な前兆であると考えるのは違います。
彼は病院の中で生活することで病院スタッフの動きの法則性を理解し、
死が近い患者のいる部屋で行われる終末医療の現場に流れる暗い空気を癒すため、
ベッドの上に登ったり鼻を鳴らしたりするのではないでしょうか」


※ドーズ医師のコラムより抜粋

| 2013年04月08日 | 趣味の話 | - | - |
スポンサードリンク
法人向けホスティングサービス アルファメール
Copyright (C) 集客販促の広告印刷会社オーケープリント 社員ブログ. All Rights Reserved.